愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

便通を改善したい!

 

最近便秘気味になっていませんか?

 

現代社会は男女関わらず、便通の悩みを持っている人が非常に多いです。

 

原因は凄く簡単で、食生活の移り変わり、仕事でのストレス、運動不足。

 

便秘を改善する為には乳酸菌を体内に取り込みながら、上記の3点を改善していく必要があります。

 

便秘解消のコツ一覧!!!

 

●運送不足を徐々に解消していく!

 

運動不足は社会人にとって強敵ですよね。でも仕事に行く間、日々エレベーターに乗るところを階段にしたりすることで、時間を取らずとも運送不足は解消できたりします。1日の中で少し歩く時間が増えるだけでも変わると思います。

 

●水を1日1、5リットル飲むようにする

 

あなたは1日どれぐらいの水分を摂取していますか?水分と便通の関係性はかなり連動性があると言われています。摂取水分量が少ないと乳酸菌をいくら摂取しても便が固くなることで、便秘の原因になってしまいます。

 

●乳酸菌を意識的に体に取り込む

 

便秘と直接一番関連性が高いと言っても過言ではないのが【食事】ですよね。

 

腸内環境を良くする為におすすめの食事

 

バナナ、りんご、プレーン等。バナナ&ヨーグルトの組み合わせは個人的には簡単でかなり良い影響を与えてくれると思いますよ。

 

でも毎日意識的に便通を良くするための食事を取るのは難しいと思います。

 

個人的には乳酸菌サプリメントをおすすめしています。

 

■腸内フローラとは何か?

 

腸内環境を整えると健康に繋がるということを良く耳にすると重いますが、実際に腸内環境は私たちの健康を司っているといっても過言ではありません。

 

腸内には体の免疫機能を左右する免疫細胞が多く存在していますので、腸内環境が乱れれば免疫力も大幅に低下することになりますし、腸内では栄養素の吸収も行われているため、腸内環境が正常でない場合、その栄養素を正しく吸収できないということも起きてしまいます。

 

さらに悪玉菌の活動によりガスなどが発生してしまうと、逆にそのガスを腸壁が吸収してしまい血液に乗って体内にガスや有毒物質を送ることになります。

 

そうするとその影響により肌荒れなどが引き起こされてしまうことになりますので、いかに腸内環境が重要な意味を持つのかが分かるのではないでしょうか。

 

その腸内環境を司っているのが腸内フローラとよばれるもので、簡単に言えば腸内に存在している菌の群生している様子を腸内フローラと呼びます。

 

腸内には様々な菌が生息しており、それぞれの菌が集団を形成して腸内に住み着いています。その見た目が群生する花畑のようにみえることからフローラと呼ばれるようになりました。

 

この腸内フローラは菌の勢力により大きくその分布が変わるため、善玉菌と悪玉菌の数により腸内フローラの状況も変わってくることになります。

 

10人の方に協力をいただき、便秘を直した体験談・口コミを集めました。

 

今腸内環境に悩んでいる人は一度参考にしてみてくださいね。

20代後半の便秘改善口コミ!自分の体質に合わせた便秘解消法

 

【便秘が最もひどかった時の状態】

 

女性、20代後半の会社員です。独身です。

 

私の場合は、便秘が一番ひどい時は、1週間の間お通じが無い事がほとんど常でした。便秘をあなどってはいけません。 私は便秘の為、ウエストが60センチ→70センチまで広がりました。

 

いつもはいているスカートは、ウエストが60センチの物ですので、便秘がMAXになると、お腹まわりがパンパンになります。 スカートがきつくて、ファスナーも止められない位になります。

 

おそらく、便秘の主な原因は、運動不足だと思います。

 

オフィスで座り仕事をしていましたので、ほとんど足腰も使わず、帰宅後もテレビを見て寝るだけのような生活です。

 

食事の内容を少し変えてみましたが、効果がありませんでした。

 

運動も、エレベータより階段を使う、なるべく歩く様にするという程度に体を動かすように心がけたのですが、その程度では頑固な便秘が解消されませんでした。

 

【自分の便秘解消法】

 

余りにひどい便秘なので、自分でも苦しくなり、何とか解決策を探りました。自分なりに探して自分に合った方法は、「食事を少し減らす」方法です。

 

今までは、1日3食をお腹いっぱいに食べ、さらに間食にお菓子を食べたりしていました。

 

それでも太らなかったので、そのような生活を続けてしまったのです。そこで、間食をやめ、さらに1日3食のうち、1食(夕食)は軽めに食べる事にしました。

 

夕食を抜く訳ではなく、ご飯や野菜など、普通のメニューを食べますが、量を減らしたのです。すると今までになかった、「空腹感」を感じる時間ができるようになりました。

 

私の場合は、この方法で、毎日の便通がかなり良くなりました。便秘が解消された後はメリットが多かったです。

 

便秘が多少、良くなってから気づいたのですが、便秘により、頭痛やニキビが引き起こされるのです。

 

便秘が解消されれば、それと同時に、頭痛もニキビも消えます。

 

その事に気づいてからは、便秘解消に力を入れるようにしました。

 

また、ウエストのまわり、下腹部などがパンパンに膨れていたのも、解消されました。

 

【今後の自分の生活習慣について】

 

また、以前のように便秘がひどくなるのは、避けたいです。現在のように、一日のうち1食を軽く済ませるという方法を続けようと思います。

 

また、時々、間食をしてしまいそうになるので、そういった時は一食抜く事もあります。とにかく、私の場合は、空腹の時間を作ると、便通が良くなりやすいので、食事の調整を心がけようと考えています。

 

また、若いうちは太りにくいので良いですが、この先の事も考えて、運動も少しずつして行こうと思います。

 

特に腹筋を鍛えると、お通じが良くなると言われていますので、トレーニングを始めようと考えています。

 

【まとめとアドバイス】

 

私の特有の便秘解消法かもしれませんが、一食を少量にするというのは、かなり効果がありました。

 

それまでが、食べ過ぎだったのかもしれません。

 

もし、現在便秘で悩んでいる方がいたら、下剤などに頼るのもありですが、生活習慣の見直しも並行して行った方が良いと思います。

 

思いがけない生活習慣の改善で、急に便秘が治ったりしますので、一日の生活、特に食事と運動を見直してみると良いです。

 

また、便意というのは、習慣になると言われていますので、例えば月・水・金・日は必ずお通じがあるようにすると決めると、そのサイクルで便秘が解消されやすくなります。

 

ウォーキングは便秘にも健康にもメリットあり

 

【大人になって初めて経験した便秘】

 

実は大人になるまで、便秘って何?というくらいお通じが快調でした。そんな私ですが、大学を卒業して働き始めて数ヶ月、初めて経験したのが便秘でした。

 

便秘になった一番の理由は、何よりも運動不足です。それまでは通学に長距離歩いたりバイトでも立ち仕事ばかりで運動不足になることはありませんでした。

 

食生活も自分で自炊をしていましたので、粗食で便秘になるような要素がありませんでした。

 

そんな状態からデスクワークの仕事に就いたこと、そして慣れない環境で少なからずストレスも抱えていたこと、仕事が忙しかったこともあり朝食を食べなくなったことは便秘の大きな原因になっていたようです。

 

【体を動かすことを意識した生活】 デスクワークの生活を改善するのは不可能でしたので、まずできることといえば運動をすることです。

 

運動といっても、仕事から帰ってきて家の近所を10分ほど歩き回ることです。そして仕事の合間に適度にストレッチをしたりしました。当時はそれくらいしか知識がなく、あまり効果は感じられませんでした。

 

運動に意味がないわけじゃなりませんが、その程度の運動で一日動かない分を取り戻すことは難しいようでした。

 

【ヨーグルトと青汁を食べる生活】 運動をする時間があまり取れない中で、手軽に出来ることといえば善玉菌を摂れるヨーグルトを食べることです。ヨーグルトの場合は生きて腸にほとんど届かないので1リットルくらい食べないと効果はないようですね。

 

それと同時に青汁を飲んでみましたが、これは普段食事が足りていない生活の中で野菜の栄養をたっぷり摂れて効果が一番早く感じられました。

 

実際飲み続けているうちはお通じも快調になり気分が良かったです。

 

ただし、毎日飲み続けるためにはお金もかかってしまいます。一時的な改善には青汁は良いですが、ずっと飲み続けるには少しハードルが高いと感じてしまいました。

 

【あわせ技で便通を改善する】

 

結婚して仕事を辞めたら急に時間ができてしまいました。   最初は健康のためとウォーキングを始めましたが、その効果がすごくて驚きました。

 

天気のいい日は1時間ほど近くを歩いて散策していましたが、気付いたら毎日調子よくお通じが感じられるようになりました。

 

天気の悪い日は、家の中でストレッチをしたりフラフープをしたり、ちょっとした運動をするように心がけています。

 

最近では「生きて腸へ届く」ことを売りにしているヨーグルトもありますので、色々食べてみてどれが効果的か試したりもしています。

 

お通じが良くなると、毎日からだの調子が良く感じられます。

 

お腹が張っていると体も重たく感じますが、朝すっきり出るだけで一日気分も良くなります。

 

ぽっこりとお腹が出ていると、ぴったりとした洋服も着られませんが、お腹がすっきりしているとファッションの楽しみの幅も広がりますね。

 

【今、お通じで悩んでいる人へ】

 

お通じを良くするためには色々な方法があります。1つだけで劇的に改善するとは思えません。

 

良いと聞いたら何でも試してみて、自分がずっと続けられる方法を選んでいくことが大切です。

 

その中でもお金がかからず続けやすく、健康にも良いのがウォーキングです。

 

天気のいい日に1日10分でも20分でもいいので、少し早歩きで歩くことがポイントです。

 

便秘解消には腸の動きを促すことが大事です

 

1)便秘だった時の生活はどんな状況でしたか?

 

食生活は普通だったと思います。運動をほとんどせず、お腹が動くことがなく、じっと椅子に座った状態でいることが多かったので、腸の動きが悪かったのだと思います。

 

食事では、ご飯とおかずを食べていましたが、私の場合、服用していたお薬の副作用もあって便秘気味になっていました。

 

なかなか便通がなくて、お腹が張って苦しかったです。便通がないときには10日も2週間もお通じがなく、お腹が膨れて、スボンが入らなくなったりして困りました。

 

2 実践して効果がなかったことは?

 

便通改善には最初は青汁を飲むようにしました。1日2杯青汁を飲んでみましたが、私の便秘の方が頑固で、効果を感じませんでした。

 

腸に水分を吸収させるお薬を病院で処方してもらって飲みましたが、効果はありませんでした。

 

基本的に運動不足で、じっとしているのが悪いのだと思いました。

 

3 あなたにとって効果があった便秘改善方法は?

 

病院でプルセニドという便秘の薬を処方してもらって、それを飲んだら便通がありました。このプルセニドというお薬は腸の動きを促す働きがあって、それで便通があるというようになっていて、本来は夜寝る前に1錠飲むと朝、便通がある、ということになっているのですが、薬剤師さんからも、効きが悪い時には数を増やしてもいいですよ、と言われましたので、飲む錠剤がどんどん多くなってきています。

 

それから、アルバイトを始めたので、以前よりも体を使うことになり、自然と腸が動くことが多くなって、プルセニドを飲まなくても便通がある日が増えました。

 

やはり運動不足は便秘の原因になるのだな、と思いました。プルセニドは最終的には8錠飲むところまできました。

 

8錠飲んだらお腹が痛くならず、すんなりと便通があるので、体に負担がかからずすんなりと便通が出るので、あっているのだと思います。

 

4 便秘改善をしたらどうあなたは変わりましたか?

 

お腹が張らなくなったことと、便秘からくるニキビができなくなったことです。

 

便秘をしているとどうしてもお腹が大きくなって、着るものがきつくなったりして困りましたが、便通があるようになると、お腹がすっきりとして体が軽くなったような感じがします。

 

便通がないときにはオナラがよく出ていて、人前や人ごみの中にいるときにはオナラを我慢しなければならず、そのために、胃が痛くなったりして苦しい思いをすることがありました。そういうことがなくなってとってもスッキリしています。

 

ニキビも便秘解消と一緒に消えてくれました。肌がすべすべになって気持ちがいいです。

 

5 今後あなたはどのように生活をしていきますか?

 

まず腸が動くような運動をします。お薬に頼る前に運動をしたり、ストレッチをしたりして、便通が自然に来るように努力します。

 

パイナップルを食べると便通が良くなることがあったので、パイナップルを生で食べます。食物繊維が豊富に入っているようです。

 

6 最後に今便秘で悩んでいる方へのアドバイスをお願いします!!

 

便秘は生活習慣病のようなものなので、運動不足にならないように、体を動かすことが大事です。いよいよ便通がないときには、お薬を使うのも一つの手だと思います。

 

40代男性の乳酸菌サプリメント体験談!

 

便秘改善のために色々試したけど、乳酸菌サプリが私に一番合ってた

 

現在40歳の男性会社員です。実は30歳ぐらいから便秘で苦しむようになりました。

 

幸い自分にあった便秘解消法で見つけたのですが、そこまでには色々苦労があったんです。

 

・便秘の原因とその時の症状

 

便秘の原因はズバリ食事量の低下です。

 

若い頃はガンガン食べてたのでウンチも自然と出てました。

 

しかし30代になってから沢山食べたり、刺激のあるもの(カレーのような辛いもの)、チョコレートを食べても胃もたれするようになったんです。

 

この頃から胃腸薬を常備するようになりました。

 

こうなると食事量をセーブするようになり、その結果便秘癖がついてしまったんです。

 

基本的に私は毎朝ウンチをするような生活スタイルなのですが、朝出し損なうとそのまま便秘になってしまうことが多々ありました。

 

一度便秘になってしまうと硬いのが少量出る程度、下手したら出ないって日が続いたりするんです。

 

そして溜まりきると硬いのがドカンと大量に出るんですが、この時にお尻を痛めて出血したりとなかなか苦労してました。

 

便秘解消のためと思ってしたら大失敗

 

便秘解消のためにして失敗したなってこともありました。食物繊維の大量摂取、牛乳を飲むの二つです。 一つ目、食物背には野菜類とキノコ類で摂取しました。

 

お鍋にするとこういうのが美味しく食べれるので食物繊維を沢山とれるんです。

 

食物繊維を沢山摂ると腸内が食物繊維で一杯になってウンチを押し出すことが出来ます。

 

もう一つ、私は牛乳を飲みすぎるとお腹がゴロゴロとなる乳糖不耐性タイプなので、500mlぐらいの牛乳をまとめて飲んで意識的に下痢を誘発してました。

 

この二つのことを実行すればほぼ確実に下痢を誘発は出来るんです。

 

しかし腸内のものがほぼ空っぽになってしまうためか、翌日はウンチが出ない、さらにその翌日もでないって感じで腸内が空っぽになった反動でまた便秘に逆戻りにってケースが多々ありました。

 

便秘改善できたのは乳酸菌サプリ

 

ヨーグルトを毎日適量食べるのが便秘改善には一番効果的でした。問題は、毎日食べるってことと、それなりの量を食べないと効果がないってことです。

 

200ml~300mlぐらいのヨーグルトが適正らしいんですが、これってかなりの量なんです。

 

週に数回食べる程度ならまだしも、これだけの量を毎日食べるのはなかなか大変でした。

 

そこで乳酸菌サプリにしてみたんです。

 

選んだのは善玉菌のチカラっていうサプリで、カスピ海ヨーグルトをサプリバージョンなんです。

 

これだとカプセルを飲むだけなのでとても手軽に乳酸菌を摂取でき、便秘改善が楽に出来ました。

 

・便通が良くなったメリット

 

便通が良くなることでお腹の張りみたいなのがなくなりました。

 

私の場合中年っていう年齢も問題あったんだと思いますが、便秘だと下っ腹がポヨンってでてしまう、これが改善されました。

 

次に急な下痢もなくなりました。

 

便秘の時はある程度溜まるとドバっと爆発するかのように出ることが多かったんですが、これが何時来るかわからないんです。

 

自宅でゴロゴロしてる時に来てくれれば問題ないんですが、重要な場面(会議中や商談中)に限って下痢が来てしまいます。

 

男性はこういうストレス性の下痢になりやすいんですが、私の場合これで悩んでました。

 

しかし便通がスッキリすると、こういう下痢もおきにくくなりました。

 

また毎日適量のウンチをする為、ドカンと一度に出なくなりお尻のへの負担がものすごく軽くなりました。

 

・今後の便通をよくするためにしたいこと

 

便通をよくするため、今後も引き続き乳酸菌サプリを摂取して腸内環境改善をしようと思ってます。

 

乳酸菌サプリって高そうってイメージもありますが、下手にヨーグルトを購入するよりも安いんです。

 

例えば私が購入してる善玉菌のチカラ、これは一か月分が2176円しかしません。 善玉菌のチカラはカスピ海ヨーグルトの乳酸菌が入っています。

 

これをヨーグルトで摂取しようとすると一つ約250円、一ヶ月分で7500円とかなり割高です。

 

値段的に考えても乳酸菌サプリの方が経済的ですし、飲むだけで手間もかからないので当分は善玉菌のチカラで行く予定です。

 

まとめ

 

便秘になってしまうと強烈な下痢を引き起こしたり、痔を患ったりと色々問題が起こってしまいます。

 

私のような中年男性や食事量の少ない女性だと、便秘解消を意識した食生活を送らないとすぐ便秘になりがちです。

 

この便秘を手軽に解決できるのが乳酸菌サプリだと思います。

 

私同様に効くかどうかはわかりませんが、現在便秘で悩んでる方にはお勧めですので一度試してみてください。

 

食生活が改善されたら、便秘の悩みも解消されました

 

【独身の頃は便秘に悩まされていました】 独身の頃には、便秘に悩まされていました。あの頃は、仕事も忙しかったので、食事内容も簡単なもので済ましていました。したがって、野菜や海藻もあまり食べていませんでした。

 

また、車で通勤していたこともあり、運動不足だったと思われます。したがって、便秘になっても不思議ではない生活だったのです。また、便秘に伴って、肌の調子も悪いのでした。そして、ニキビなどにも悩まされていたのでした。

 

【便秘薬はあまり効果がありませんでした】

 

あの頃は、便秘に効くといわれるようなサプリメントなどもありませんでした。また、わたし自身、そういった知識もありませんでした。そんなことから、つい、便秘薬に頼っていたのでした。

 

しかし、便秘薬というものは、あまり効果はありませんでした。一時的に下痢のようになるのですが、根本的な解決にはなりませんでした。また、お腹が痛くなったりして、苦痛を伴うものでもあったのでした。

 

【結婚を機に、食生活が変化しました】

 

しかし、そんなわたしも、結婚したことをきっかけに、食生活ががらっと変わりました。まず、野菜もきちんと食べるようになりました。また、規則正しい生活を送るようになりました。

 

特に、野菜をたくさん食べるようになったことは、便秘の根本的な解消に役立ったと思います。

 

そして、薬に頼ることなく、便通をよくすることができたのでした。便秘に悩む人は、まず、毎日の食生活を見直すといいと思います。

 

【便秘を解消し、肌の調子もよくなりました】

 

便秘が解消されたら、肌の調子もよくなりました。そして、ニキビに悩まされることも少なくなりました。

 

肌は生活習慣を現すともいわれていますが、これは本当だといえます。

 

特にスキンケア用品を見直すこともしていないのに、肌の調子がよくなったのです。

 

これは、便秘を解消してからこそできたことだと思っています。高価な基礎化粧品を使わなくても、肌の調子がよくなったことは、とてもうれしいことでした。

 

【野菜などをしっかり食べていきたいです】

 

これからも、便秘は予防していきたいと思っています。そのためには、普段の生活習慣に気を配りたいです。

 

特に、食事は重要なポイントだと思われます。そして、野菜や海藻をしっかりと食べて、バランスのとれた食生活を目指したいです。

 

また、年齢とともに、運動不足も気になってきました。適度な運動もおこなって、便秘を予防したいと考えています。

 

また、便秘薬には頼らないようにもしたいです。それに加えて、規則正しい生活も心がけたいです。健康的な生活習慣は、便秘を予防するためにも役立つと思うのです。

 

【薬に頼る前に生活習慣を見直しましょう】

 

便秘の解消といえば、つい、薬に頼りがちです。しかし、便秘薬というものは、下痢になったり、お腹が痛くなったりして、思うような効果を得られないものです。それよりも、根本的なところから、考えたほうがいいでしょう。

 

便秘というのも、生活習慣が関わっているのです。たとえば、野菜などが不足していると、食物繊維を摂取することができません。その結果として、便秘になってしまうのです。また、運動不足も便秘の原因となってしまいます。こういった点から見直して、生活習慣を整えていけば、薬に頼らなくても、便秘を解消できるのです。

 

自分に合った食品で便秘を解消することが大切

 

長年便秘で悩んでいましたが、いろいろな努力をすることで解消しました。便秘が解消すると毎日が快適です。

 

●便秘に悩んでいたころの生活

 

私は甘いものが大好き、アイスクリームやチョコレートなどをよく食べていました。特に好きなのはチョコレートで、一度に板チョコ一枚食べてしまうこともありました。砂糖の甘さが大好きで果物やパンには砂糖をたっぷりかけて食べます。

 

今思えば、このような食生活が便秘を悪化させていたのだと思います。悪玉菌は砂糖が大好物です。甘いお菓子ばかり食べていて、悪玉菌が繁殖して便秘になってしまったのでしょう。

 

運動はウォーキングを30分ほどしていました。お腹が気になるので腹筋もときどき行います。運動をしても便秘に変わりはありませんでした。

 

●失敗したこと

 

便秘がひどいと吐き気がしたりお腹が痛くなります。外でお腹が痛くなることもしばしばあり困ります。

 

何とか便秘を治そうとやってみたのが食物繊維を多く摂ることです。便秘解消に食物繊維は必要です。便のカサを増やしたり、腸の働きを活発にして便通を促します。

 

野菜やきのこなど食物繊維が多い食品をあまり食べていなかったので、野菜をたくさん食べるようにしました。野菜をたくさん食べるようになって便秘が解消したという話しもよく聞くので期待しました。

 

しかし、野菜をたくさん食べてもよくなりません。それどころがどんどん悪化します。腸がつまったような感じになってしまい、以前よりもお腹が張っておならが臭くなりました。

 

●これで便秘解消

 

どうやら私の便秘は緊張が原因なようで、食物繊維を摂りすぎると腸がけいれんを起こして便秘が悪化するようです。

 

食物繊維には不溶性と水溶性があり、野菜に多く含まれるのは不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維は腸を刺激するので、けいれんがひどくなって便秘が悪化したのだと思います。

 

そこで、水溶性食物繊維を多めに摂るようにしました。水溶性食物繊維は便に水分を含ませたり、腸内の善玉菌のエサになります。

 

水溶性食物繊維を多く含む食品は大麦、オクラ、果物、海藻などです。

 

私が食べて効果があったのは、オクラとキウイです。オクラを食べると次の日にはどっさりと出ます。しかし、続けていると効果が無くなってくるので、いろいろなものから水溶性食物繊維を摂るようにしています。

 

●便通がよくなってよかったこと

 

便通がよくなったらお腹のハリや痛みがなくなり、おなら臭くなくなりました。また、便で胃が圧迫されて食欲がなかったのですが、食欲ももとに戻ってきました。便通がよいと食事がおいしいです。

 

チョコレートなど甘いお菓子を食べなくなったからもあるかもしれませんが、ニキビもなくなりました。腸が綺麗になって体内の老廃物が排泄されたので、肌もきれいになったのでしょう。

 

●これから気をつけたいこと

 

腸内環境は食事の影響を大きく受けます。砂糖など悪玉菌を増やすものを食べれば便秘になるし、食物繊維など腸によい食品を食べれば便通がよくなります。食事の影響が大きいので、食べるものには気をつけたいです。

 

便秘には食物繊維といいますが、人によっては便秘が悪化することがあるので、自分に合ったものを食べるようにしてください。

 

まとめ

 

悪い食生活をやめれば便通はよくなります。しかし、自分ではよいと思っていることが腸にとっては悪いこともあるので注意が必要です。自分に合った方法を見つけることが便秘解消のためには大切です。

 

便秘が解消すると胃や肌の調子がよくなり、毎日快適に過ごせるようになります。

 

便秘をきっかけにして健康を培う

 

以前、かなり重度の便秘に陥った事があって、本当につらい日々を送っていました。

 

1週間出ないなんて事は当たり前で、酷いときには、2週間近くまともな排泄ができないんです。要は、体内に不要な物質を健康な人の10倍以上溜め込んでいるのであり、この事による体への悪影響は測り知れません。

 

さて、当時の生活スタイルを思い返してみると、やはり便秘になるべくしてなったんだという事がよく分かります。

 

偏った食事、運動不足、睡眠不足・・。と数多くの要因が重なっているからです。

 

中でも個人的に一番の要因だと考えているのが、長時間のデスクワークです。仕事の都合で、1日中パソコン作業をこなしているのですが、これがねえ、おそらく体に相当の負荷をかけていたはずです。

 

腰痛、肩こり、冷えなどが併発し、これらの症状が体の内部(胃腸)にも波及していたんじゃないでしょうか。そんな気がします。

 

便秘を改善するためにやった事

 

さて、前述のとおり、長時間のデスクワークにそもそもの原因があると考えた私は、当然のごとく、それに適した対策をとることになります。どういう事かというと、腰を中心にシップを貼ったり、氷で冷やすようになったのです。

 

が、残念ながら、これで劇的な改善に至ることもなく、何なら便秘は悪化していたような気がします。

 

そこで、逆転の発想で今度は体を温めてみることにしました。ホッカイロや蒸しタオル等を駆使して、先ほどの部位(腰や背中)に押しあてていきます。

 

するとある日、胃の辺りがスーッとしてきてギュルギュルという、いつにない活発な音が聞こえてくるではありませんか。

 

呼吸を整えて、しばらくの間温めていると、やってきました。1週間ぶりのお通じが。すぐさまトイレに駆け込み便座に座った瞬間、ビックリするくらいの量が排出されたんです。気持ちいいのなんのって。

 

今までなら、何とか出せたとしても、硬くて、小さくて・・、まるで鹿のフンのようなものしか出せなかったのに、やっとまともな排泄をすることができました。

 

改善後の生活

 

というわけで、以来仕事終わりにはメンテナンスがてら、しっかりと体を温めるようになり、これが奏功して便秘に悩まされることは無くなりました。

 

便秘が改善されてからは、日々の生活は絶好調そのものです。集中力ややる気が向上し、仕事の能率はすこぶるアップしています。また私生活でも、恋愛に趣味に習い事にと色んな事に対して積極的になれています。

 

改めて、胃腸の調子というのは、精神や自律神経と深いかかわりがあるんだなという事をまざまざと実感するとともに、体を温める事の重要性を実感しました。

 

また、今後あの時のような慢性的な便秘に悩まされないためにも、日頃から生活態度を見直すようにもなりました。

 

今では、体を温めることはもちろん、食事に気を遣うようになりましたし、適度な運動も取り入れています(これで次また便秘になるようならその時はサプリメントなどを摂ろうと思っています)。

 

とまあ、このように便秘がきっかけとなって、随分健康になれた気がします。なので、今便秘に悩んでいる方も、これをいい機会として、まずは便秘の改善に取り組み、そして日々の生活態度を改めてみてはいかがでしょうか。

 

私が便秘だったときの体験

 

便秘で悩んでいる時はいつもお腹に違和感があり、お腹が苦しかったです。また、たまにですが、お腹がすごく痛くなって動けないくらいいたくて苦しいときがありました。ですが、トイレにいっても便がでずに苦しんでいました。

 

効果がなかったことは、牛乳を飲むことです。便秘には牛乳がいいと聞いていたので飲んでいたのですが、最初は確かに出ましたが、毎日飲んでいるうちに体が慣れてしまったのか効果がなくなり、すぐに便秘体質になってしまいました。

 

ほかの人は分かりませんが、私には効果を感じられませんでした。

 

●何をすれば便通がよくなりましたか?

 

私が一番効果があると感じたのは、運動です。

 

もともと便秘対策目的ではなくてダイエット目的で運動していたのですが、自宅でマシーンを使って運動していたら便が2日に1回くらい出るようになり、便秘に運動がどれだけ大切かが良く分かりました。便秘対策はいろいろと試しましたが、一番効果を感じたのは運動でした。

 

私が今まで試したのは、牛乳を飲んだり、ヤクルトを飲んだり食べ物や飲み物で改善しようと考えましたが、即効性があったのは、運動でした。

 

●便秘改善でよかったと感じたこと

 

とにかくお腹に何かたまっているという違和感がなくなりました。

 

また、体もすっきりして健康になったような気分になれました。やはり、便秘というだけで気分も良くないですし、辛いです。定期的に便が出るというだけで気分的にも嬉しいし健康になれた気がして前向きになれたのが一番のメリットです。

 

今はそこまで便秘に悩まされていないのですが、もし便秘になったら運動が一番オススメです。

 

ですが、運動は暇がないと出来ないのでどうしても悩んでいるという場合にしかしないかなと思います。

 

もし、そこまで緊迫してないなら水分を取ったり野菜を多く取ったりなど食事を工夫します。それでもダメだったり、緊迫している状態なら運動をすると思います。

 

●便秘で悩んでいる方へのアドバイスをお願いします。

 

便秘で悩んでいる人はまず、生活で便秘になるような生活をしていないかを見直してみる事が大切だと思います。

 

例えば、肉ばかりで野菜を取っていない食生活ならそれを改善して、水分が少ないなら水分をたくさん摂るなどまずは、自分の生活に問題がないか見直すことが大切だと思います。

 

そして、それでもダメなら薬に頼ったり、病院に行くのがいいかなと思います。便秘は体に良くないので何らかの対策をしてください。

 

このように、私は便秘体質ですが、今は改善しました。便秘は体に悪いので放っておかずに対策を考えてください。そして、体質を改善して健康になってください。

 

食事で便秘を改善しました

 

1 便秘で悩んでいた時の生活

 

私は元々は便秘体質ではありませんでした。私が便秘になったきっかけはダイエットでした。

 

私は食事制限によるダイエットをして、ほとんど食べなかったため便が出るような事はなかったのですがだんだんとお腹も重くなってきて排便したいなと思うけれど、出ないという状態になりました。

 

運動は少しだけしていて、あまり食事を摂らず体重を気にするあまり水分すらあまり摂らないという生活は続いていました。

 

2 便秘改善の為に行って失敗したこと、効果がなかったことは?

 

私はその頃は便秘を改善したいという気持ちよりは便を少しでも多くだして体重を減らしたいと思うようになっていました。

 

水分もあまり摂らなかった事によって便が硬くなってしまっていましたし、食べても豆腐などの低カロリーしか食べずにいたので排便したいと思う事もなく、とりあえずお腹が重いから市販んの下剤を使ってみようという軽い気持ちで下剤に手を出しました。

 

下剤はその時はお腹が痛くなり排便できるのですが、体質が改善されるわけではないので下剤を使った時だけしか排便できずにいましたし、その上下剤はずっと使っているとその量では効かなくなってしまい量が増えるだけでしたし、お金もたくさんかかりました。

 

結局下剤を辞めればまた便が出ずに下剤を使うという繰り返しで、結局は根本的な解決にはなりませんでした。

 

3 何をすれば便通がよくなりましたか?

 

まず私が便通を良くするためにした事は食生活の改善と水分の摂取です。私はダイエットが一番大切だったのですが、下剤を使っていると肌などが荒れてしまいボロボロになってしまっていましたのでダイエットしても結局綺麗になる事に結びついていないのでとりあえずまずは便秘を改善して便通を良くし肌荒れを治そうとする事に徹底しました。

 

私は水分を意識してたくさん摂取するようにして、様々な食べ物を試しました。

 

私は整腸作用があるバナナや食物繊維が含まれている切り干し大根やまた美容に良いというアボカドを食べるようになったのですが、私にはアボカドが一番身体に合っていたのかアボカドを毎日1つ食べるようになってから尿に行く回数も増えましたし、排便も毎日2回ほどできるようになりました。

 

4 便通が良くなったメリット

 

便通が良くなった事によって、宿便がたまらなくなったためかすごくお腹が軽くなりましたし体重も軽くなりました。また私は出産を機に痔になってしまい下剤を使ったりして下痢になると痔がひどくなったり、便が硬くなり排便しにくくなるとよく出血していたのですが、便自体の状態も非常によくなり最近では痔から出血するような事もほとんどなくなりました。

 

また肌荒れがひどかったのですが、腸の状態もよくなったためか吹き出物などもできにくくなりましたし、化粧ののりも良くなったように感じます。

 

5 今後便通を良くする為にあなたは何をしますか?

 

私は今効果が出ているアボカドは食べ続けたいと思いますし、また便通を良くすることが美容にもつながっていると思うのでお通じに良いとされるような食べ物はしっかりと摂取し続けたいと思います。

 

また適度な運動も便通や健康には良いので、しっかり取り入れていきたいと思っています。

 

大学時代の便秘の辛い体験談と改善までの流れ

 

私は思春期の頃から便秘に悩まされていましたが、食生活としては実家で母親が作っていたので、野菜たっぷりの食事を摂れていました。

 

運動としては高校に入ってからは部活をしていなかったので中学生以降は運動を意識して行う機会はありませんでした。

 

大学を卒業して一人暮らしを始めた頃から、便秘が悪化しました。

 

食生活はどうしても忙しい仕事の合間に料理になるので、野菜が不足してしまいましたし、外食で済ますことも多かったです。体を使う仕事ではありましたが(介護職)、便秘になることがありました。

 

便秘解消のために行って効果がなかったことは、お腹のマッサージです。

 

お風呂などに入りながら、お腹を回すようにマッサージすることで出ると祖母から聞いていたので、やってみましたが、私にとっては効果がありませんでした。食物繊維をたっぷり摂るなど食生活にも気をつけていたのですが、全体的なバランスと量が良くなかったのか解消にはつながりませんでした。

 

便通が良くなったきっかけは出産です。子どもを産みお世話をする中で、どうしても体を動かす機会が多くなりますし、家事や育児で家の中を動き回るようになりました。

 

また生活リズムが整い、朝は早くに子どもと起きる、夜も早く寝るというリズムができてきました。

 

そのことが便秘にとって良かったのだと思います。朝食後に必ずトイレに座る習慣をつけたことも良かったようで、この時間帯に座ると便が出るということも増えてきました。

 

便通が良くなったメリットとしては、お腹の気持ち悪い感じが解消されてスッキリ過ごせることになったのが一番大きいです。

 

便秘になるとスッキリしない状態が続きますし、不快感のようなものを持ち続けて過ごすことになります。そういったことがなくなり、気持ち良く過ごせるようになったことが良かったです。

 

次に便秘にはダイエット効果もありました。それまでは私は便を溜め込んでいて、痩せにくかったのだと思いますが、便秘が解消されてからは体重が落ちるようになり、ダイエットに成功をしました。

 

ダイエットをしようと意気込んでいた時には、便秘が効果があるとは知らなかったのですが、思わるメリットを得ることができました。

 

今後も今のような状態を続けていきたいので、便通を良くするためには、リズムを整えて生活していきたいと思っています。早寝早起き、毎日同じリズムで生活することを心がけます。

 

便秘はとても辛いもので、気持ちが悪いだけではなく、肌荒れをしたり、あまりに出ないことが続くと腸閉塞など病気を引き起こすリスクがあります。私は今、3日間出ない状態になると、マグミットという便秘薬を飲むことで排便を起こしています。

 

この薬は下痢を起こすのではなく、便に水分を含ませて自然に近い形で出すことができるので、体に負担なくて気にいっています。

 

これからも便秘を解消する生活を心がけて、すっきりと健康に過ごしたいなと考えているところです。 ■腸内フローラに存在する菌の種類

 

腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3つの菌が群生しており、そのバランスによって腸内の環境が決定されることになります。

 

善玉菌は腸内で活動することで免疫細胞を活発にしたり悪玉菌を減らし腸内環境を正常にしてくれる役割があります。

 

逆に悪玉菌は腸内で有害物質を作り出す原因となり、便秘などもこの悪玉菌が増えることで起きることになります。

 

日和見菌は善でも悪でもない中立の存在ですが、基本的に優勢となった菌に付随して活動をするという特徴があるため、善玉菌が増えれば善玉菌側に、悪玉菌が増えれば悪玉菌側に付きその菌の活動を助けることになります。

 

そのため腸内フローラの状態次第で日和見菌はどちらにつくのかが変わりますので、それにより腸内環境の状態は大幅に良くもなりますし悪くもなることになります。

 

■腸内フローラは常に善玉菌優勢に

 

腸内フローラの状態を常に善玉菌優勢の状態に保てれば、日和見菌の助けもあり悪玉菌を減らすことが可能になります。

 

しかし善玉菌を常に優勢に保つことは非常に難しいですので毎日の食生活に注意することが最も重要になってきます。バランスとしては善玉菌2に対し悪玉菌1、日和見菌7という割合が最もバランスが良いといわれているため、それを目指して食事を摂ることも大事です。

 

悪玉菌はゼロでもいいのでは?と思う人もいるかも知れませんが、実は悪玉菌という名前は付いていますが実際には悪玉菌には重要な役割があり、肉類を分解し吸収するためには悪玉菌が必要不可欠となります。

 

実は善玉菌や日和見菌では肉類の分解が出来ないため、悪玉菌がいない場合は肉類を食べてもその分解も栄養の吸収も出来なくなるため、悪玉菌を全くゼロの状態にするのも体にとっては大きな影響があるためだめということになります。

 

そのため善玉菌と悪玉菌のバランスが重要となり、善玉菌を優勢にしながら悪玉菌もある程度腸内に存在させておくということが最も腸内環境のバランスでは良い状態となります。

 

そのためにはバランスの取れた食事メニューと乳酸菌やビフィズス菌が含まれた食品の摂取も必要となりますし、毎日の生活でストレスをためないということも腸内フローラのバランスに影響をしますので、ストレスの無い生活を心がけるのも重要になるでしょう。

 

ヨーグルトで便秘を解消したい方へ

 

便秘解消の為には腸内環境を整え善玉菌を増やす事が大切。誰でもそんな話しを一度は聞いた事があるのではないのでしょうか?

 

「腸内環境」「善玉菌」というキーワードで思いあたる物と言えば、何と言ってもヨーグルトではないのでしょうか?

 

今までヨーグルトを食べて便秘の改善を目指した事がある人は少なくないと思います。

 

でも、ヨーグルトを食べたのにもかかわらず便秘が改善されなかったという人もいるでしょう。

 

では、ヨーグルトを食べて便秘を解消したいと考えている人に、とっておきの情報をお伝えしたいと思います。

 

■そもそもヨーグルトは便秘に効くの?

 

ヨーグルトは、乳酸菌やビフィズス菌が豊富に含まれた身近な食品です。

 

乳酸菌は小腸で、ビフィズス菌は大腸で働いてくれます。

 

乳酸菌やビフィズス菌は、小腸や大腸で酸を作り出す働きがありますが、腸内環境を悪化させる悪玉菌は酸性に傾いた腸内では生きる事が出来ません。

 

そのためビフィズス菌や乳酸菌を取り入れる事で悪玉菌が住みにくく、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれるという訳です。

 

つまり乳酸菌もビフィズス菌も含まれているヨーグルトは、便秘改善に効果的というのは間違っていないという事になりますね。

 

■どんな製品を選ぶべき?便秘解消の為のヨーグルト選び

 

じゃあどんなヨーグルトでも効果を発揮してくれるのかというと、残念ながら製品によって整腸効果に差があります。

 

乳酸菌やビフィズス菌が腸まで生きて届く加工がされていたり、熱や胃酸に強い性質のものが配合されているヨーグルトを選びましょう。

 

生きて腸まで届かなくても、全く意味がない訳ではありませんが、便秘解消には生きて届くものを選ぶ方が効果的です。

 

またヨーグルトの中には、砂糖などの糖分が多く含まれた製品も多くあります。

 

糖分の摂り過ぎは逆に腸内の悪玉菌を増やしてしまいますから、甘すぎるヨーグルトは便秘解消の為には向いていないでしょう。

 

■便秘解消に効果的なヨーグルトの食べ方とは?

 

1日に食べる目安としては、100g~200g程度で十分で、それ以上多く摂取しても便秘解消効果が高まる訳ではないという研究結果が報告されています。 ヨーグルトは脂肪分も高い食品ですから、目安を守り食べ過ぎには気を付けましょう。

 

ヨーグルトは、食品ですから薬の様にいつ摂取するという決まりはありません。

 

ただし、便秘解消には朝に食べると排便リズム的にベストだと言われています。

 

しかし、いつ食べるかはあまり気にしなくても構いません。

 

朝昼晩、いつでもゆっくりと食べられる時間帯に摂る様にしましょう。

 

また、ヨーグルトと共に食物繊維も一緒に摂るとより効果が高まります。

 

そのため、キウイ・りんご・プルーンはヨーグルトとの相性が抜群なのです。

 

上記のフルーツをヨーグルトに混ぜて食べることをお勧めします。

 

また人間はそれぞれ腸に住んでいる善玉菌の種類が異なるため、ヨーグルトによって相性があるのです。

 

どんなに評判の良いヨーグルトであっても、自分の腸と相性が合わなければ意味がありません。

 

1週間は同じヨーグルトを食べて自分の腸との相性を確かめましょう。

 

■ヨーグルトの効果がない便秘もあるって本当?

 

同じ症状に見えても、便秘の原因は様々です。

 

ヨーグルトの働きが効果を発揮してくれる便秘は、弛緩性便秘になります。

 

弛緩性便秘というのは、便を押し出す腸の蠕動運動が鈍くなり排便出来ない事で起こるものです。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌は酸を作り出し、その酸が腸を刺激する事で蠕動運動を促してくれるのです。

 

ヨーグルトは、腸内環境を整えると共にこうした蠕動運動を促す働きにより、便秘を解消する事が出来ます。

 

しかし、便秘の中には自律神経のバランスが乱れる事で起こるものや腸自体に問題があって便秘となる事もあります。

 

こうした便秘の場合は、ヨーグルトを摂取するだけでは便秘の解消は難しいと言えます。

 

便秘に、ヨーグルトというのは間違った考えではありませんが、特に効果を発揮するのは弛緩性便秘になります。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌とビフィズス菌の整腸効果・腸の蠕動運動を促す効果は便秘の解消に効果的だからです。

 

ただその効果を十分に働かせるには、キウイやりんご、プルーンといったバランス良く食物繊維が含まれているフルーツと一緒に摂取する事やヨーグルトの選び方が重要になります。

 

上記のポイントに注意すれば、ヨーグルトは便秘解消の大きな味方になってくれるでしょう。

 

最新情報

2016年4月26日
便秘解消の秘訣
2016年度版!便秘を解消するための効果的な方法について考える
便秘の深刻な悪影響について   便秘は特に女性に多く見られる症状であり、対策を取らずに放置してしまい・・・
2016年4月26日
便秘解消の秘訣
20代女性の便秘原因と大腸の環境を整える対策について
便秘に悩む女性は非常に多いとされているのですが、その大きな要因としましては身体の構造からくる部分があるとされて・・・
2016年4月26日
便秘解消の秘訣
便秘や腸内環境を改善するための様々な方法の基礎知識!
【便秘や腸内環境の基本的な知識】   身体の健康に関する関心は近年ではどんどん増えてきているものです・・・
2016年4月17日
便秘解消の秘訣
便秘が続く女性は特に腸内環境を整えてくれる善玉菌を増やしましょう!
■善玉菌の重要性を知ろう 毎日を健康に生活するためには腸内環境の正常化が必要不可欠となります。   ・・・
2016年4月17日
便秘解消の秘訣
便秘解消の為に上手に乳酸菌を利用するコツ!
便秘に悩んでいる女性は多く、最近では様々な便秘解消の為の薬やサプリが販売されています。   &nbs・・・

2016年度版!便秘を解消するための効果的な方法について考える

便秘の深刻な悪影響について   便秘は特に女性に多く見られる症状であり、対策を取らずに放置してしまい・・・

20代女性の便秘原因と大腸の環境を整える対策について

便秘に悩む女性は非常に多いとされているのですが、その大きな要因としましては身体の構造からくる部分があるとされて・・・

便秘や腸内環境を改善するための様々な方法の基礎知識!

【便秘や腸内環境の基本的な知識】   身体の健康に関する関心は近年ではどんどん増えてきているものです・・・

便秘が続く女性は特に腸内環境を整えてくれる善玉菌を増やしましょう!

■善玉菌の重要性を知ろう 毎日を健康に生活するためには腸内環境の正常化が必要不可欠となります。   ・・・

便秘解消の為に上手に乳酸菌を利用するコツ!

便秘に悩んでいる女性は多く、最近では様々な便秘解消の為の薬やサプリが販売されています。   &nbs・・・

ガタガタになった腸内フローラを復活させて健康体を取り戻す方法

【不調の原因は腸にあった!?腸内細菌と病気との深い関係】   腸内環境が最近、注目を浴びるようになっ・・・

20代女性が陥りやすい便秘の原因と3つの対策法とは?

女性など特に、便秘で悩む方というのは大勢いらっしゃいます。   ひどい方だと数日間も連続して便が出な・・・

善玉菌を増やすことだけに心を奪われていませんか?

●善玉菌って毎日摂取しないとダメだったのね!   善玉菌を増やして腸内環境を整えることが、美肌やダイ・・・

「知らなかった…」便秘とヨーグルトにまつわるウソ・ホント

「便秘にはヨーグルト」は一般的な健康知識として浸透していますが、「なぜヨーグルトが便秘に効果があるのか?」を考・・・

便秘と腸内フローラの深い関わり!解消に必要なものとは?

人間の腸内には1,000兆個以上の細菌が存在すると言われ、それぞれが集合体となりまるでお花畑のように見えること・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ